犬の口臭がウンチのニオイ!原因は腸内か食フン癖?

愛犬の口からウンチの臭いがするということが稀にあるようです。
.
原因は口内(歯周病など)にある場合と、内臓にある場合、そして食フン癖(食糞症)が原因の場合があります。
.
歯周病が原因の場合は、飼い主が愛犬の口の中をチェックして歯茎の状態を確認できるので見つけやすいのですが、
お腹の中に口臭の原因がある場合はそうもいきませんよね。
.

お腹の中が原因の場合

お腹の中が原因で口からウンチ臭がするのは、腸内環境の悪化が原因の場合が多いです。
.
腸内環境の悪化で便が腸内に留まり、その便の臭いが口まで上がってくるんですね。

これは人間にもあるんですが(女性に比較的多い)、便秘が原因で口臭からウンチの臭いがするということがあるんですね。

胃腸だけでなく腎臓が悪くても口臭はにおいやすくなります。

それと、病気の治療のために与えている抗生物質の影響というのもあります。

抗生物質は腸内細菌を殺し減らしてしまう副作用があるので、それに伴い腸内の善玉菌も減少させてしまいます。それが原因で便臭が強烈になり、口臭にも影響を及ぼします。
.

食フン癖(食糞症)が原因の場合

食フン癖とは文字通り自分のウンチを食べてしまう行動のことです。食フン癖がある犬だと口臭がウンチ臭くても当然の事です。

今までしなかったのに急に口からウンチ臭がするときはウンチを食べている可能性がありますので疑ってみてもいいかもしれません。
.
小さな子犬がウンチを食べる行為や、子犬のウンチを母犬が食べてしまう行為は本能的で一時的なものですが、成犬に突然みられる食フン癖は、何らかの精神的ストレスや認知症によるものがほとんどです。

.
食フン癖を直すための方法としては、できるだけ散歩中に排便をする習慣をつけ、した直後にそれを回収する習慣をつけることが良いでしょう。

ウンチに竹酢液木酢液をかけて犬が嫌がって食べないようになるまでくり返すのも方法です。

もし犬がウンチを食べるところを見た場合は、すぐに犬の顔に自分の顔を近づけて、犬が顔を舐めてこようものなら(なめてこなくても)、大きな声で「臭い!!」、「イヤ!!」というように、ウンチ食べる犬は嫌いだよ!という事を強い態度で犬に理解させることが大切です。

怒るのではなく、嫌がり突き離す態度をとるようにしましょう。犬という動物は飼い主に嫌われるのがとても辛いことなので効果的です。
.

吐糞症(とふんしょう)

稀な症状で、吐糞症(とふんしょう)というものがあります。

フンを吐くと書きますが、いわゆる「大便」を吐くわけではありません。吐糞症は大腸癌等の病気により「腸閉塞」が起こった場合に発症するものです。

「腸閉塞」の状態が長く続いた時に、閉塞部より上の腸管に滞留している「フン臭」を帯びた内容物を吐き出すことで、腸閉塞症の末期に見られる症状です。

このような便のような物を吐く症状が見られる場合は、早急に獣医に診てもらいましょう。

愛犬の口臭・ウンチ臭を改善できるサプリメントもありますのでご参考ください


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする